調理で白衣を着る意味と通販するときの注意点

白衣4

調理を行う業務に携わっている人だったら、白衣は仕事着であり欠かせない存在です。

会社で支給されるため白衣について気にしていない人もいれば、自分に合った白衣を着て調理したい人もいますし、会社やお店において白衣を選ぶ立場の人もいるでしょう。そんな調理には欠かせない白衣を着る意味と通販するときの注意点についてご紹介します。

調理するときにどうして白衣を着るのか

調理に携わった仕事をしたことがある人は、必ずといっていいほど白衣を着ます。しかし、何で白衣を着て調理をするのか理解している人は案外少ないかもしれません。白衣を着る最大のメリットは、火傷を防止することです。

白衣には、前合わせの部分が二重になっている特徴があります。なぜなら、白衣の前部分は火・熱湯・油などが一番飛んでくる可能性がある箇所だからです。前合わせを二重にして厚みを出すことで、火・熱湯・油が急に飛び跳ねたとしても火傷をしにくくしています。

また生地を綿にしている特徴もあり、たとえ火が白衣に跳ねてしまったとしても燃え広がることを防いでいます。最近では、コストを抑えるためにポリエステルの生地の白衣も出来ていますが、綿に比べると火に弱い生地なので、購入する際は素材もチェックするとより安全でしょう。

白衣に使用しているボタンにも特徴がある

白衣の生地は火が広がりにくい綿でしたが、ボタンにも火力の強い調理をする厨房に合った特徴があります。火の近くで仕事をしているので、熱で溶けてしまうプラスチックは向きません。また調理は大きな重い鍋などを運ぶことも多いので、ボタンが何かとぶつかる機会が多いです。

そのため、ぶつかって割れてしまうような金属も向きません。なぜなら厨房内でボタンが割れて飛び散ってしまうと、料理の中に混入してしまう恐れがあるからです。常に火と共に仕事をしているので、もし白衣に火が燃え移ってしまったときにすぐ白衣が脱げるようなボタンの付け方がしてあるのも特徴です。

白衣をすぐ脱げるようなボタンにすることで、火傷を防いでいます。

どうして調理するときに白い白衣を着るのか

白衣は、作業したときに汚れが目立ちやすいことも特徴です。調理をする立場で汚れやすいのは、問題なのではないかと思われる人もいるかもしれません。しかし、汚れが目立つことで自分がどれだけ清潔にしているかが、分かりやすいメリットがあります。

汚れがついてしまったとしても洗濯してきれいに保つことができますし、自分の技術が向上していけば白衣を汚さないで調理できるようになります。

白衣には多くの種類がある

白衣は、字を見てわかる通り白い仕事着です。しかし、最近では白だけではなく白にワンポイントでカラーのラインが入っているものもあれば、ストライプ柄や全く白を使わない紺や黒のものまであります。お店や施設の雰囲気に合わせたものを選べるところも、白衣のいいところでしょう。

例えば、高級感のあるシックやモダンな雰囲気のレストランなどでは、白はもちろん合いますが、黒の白衣で落ち着いた雰囲気を演出することも可能です。黒にすればホールの格好と色を合わせることができるため、お店に統一感が出せるでしょう。

黒い白衣は、白い白衣に比べると汚れが目立ちにくいので、汚れがないかしっかり確認する必要があります。白衣の素材はデニムなどもありますが、通気性があまりよくありません。どうしてもデニムにしたい人は、毎日使用して洗濯することを考慮して一人当たり4着くらい持っていると足りるでしょう。

白衣を通販で頼むときの注意点その1

白衣は調理する上で欠かせないものだということが伝わったところで、次は白衣をどうやって準備するかです。

白衣は、かっぱ橋のような調理器具が多く売っている場所に行けば購入することが可能です。しかし、どんなに種類が豊富で数も取り揃えてあるからといって、毎回足を運ぶのは大変です。

仕事が立て込んでいて探しに行く時間が取れないときもありますし、1店舗では自分たちのお店や施設に合った白衣を見つけることができない場合もあるでしょう。そういうときは、通販で白衣を頼む方法があります。通販だったらネットにアクセスするだけで多くの白衣を取り扱っている会社から探せますし、白衣の種類も膨大にあるため比べられるメリットもあります。

しかし、通販を頼むときは注意も必要です。通販で頼む場合、いくら以上頼まないと送料がかかったり、何セットからでないと頼めなかったりするからです。また白衣だけでなく帽子も購入するときは、まとめて購入しないで別々に頼んでしまうとさらに送料がかかるため、しっかり確認する必要があります。

白衣を通販で頼むときの注意点その2

通販で白衣を頼む場合、実際に手に取って商品を見ることができないのも注意点に挙げられます。以前に頼んだことがある商品だったら問題ありませんが、初めて頼む場合、画像やサイズだけで判断してしまうのは危険です。

なぜなら強力な火を使っているため、体に合っている白衣でないと火傷や火事を引き起こす原因にもなるからです。またお店や施設によっては、お客様の前で調理するようなオープンキッチンの場合にブカブカの白衣を着ていたら、格好悪く映ってしまいます。

そうならないためにも、通販は会社によって無料でサンプルを送ってくれるところもあるので、大量発注したいときはサンプルを確認してから決断するとよいでしょう。サンプルを手に取って見られれば、サイズだけではなく素材やデザインもイメージと合っているのかチェックできます。

白衣を通販で頼むときの注意点その3

白衣9

白衣が決まったら、必ず価格と納期の見積もりを出してもらいましょう。なぜなら、通販サイトでそのまま購入できたとしても、実際に在庫が確保されていないケースがあるからです。数量だったら問題ないかもしれませんが、大量に発注したいときはなおさら確認が必要です。

例えば、今まで着ていた白衣を会社全体でリニューアルしたときなどは、着用し始める日にちが決まっていることが多いため、納期の日にちを確認していないと間に合わない可能性が出てきてしまいます。また通販の会社によっては、大量に発注すると割引してくれるところもあるので、連絡を取り合ってお得に白衣を手に入れましょう。

自分たちに合った白衣を通販で賢く頼もう

白衣は調理をする上で欠かせないものですが、白衣を着る意味もしっかりあります。自分たちに合った白衣を通販で賢く探すには、これまでご紹介した「送料に気を付ける」や「サンプルを頼む」や「納期と見積もりをだしてもらう」などの注意点に気を付けて通販を使いこなすことです。

このようなことを参考に、白衣を通販で探してみてはいかがでしょうか。